にほん酒!

にほん酒

日本酒の個性は蔵ごとに大きく異なる

焼酎と並び日本の国酒として広く認知されているのが日本酒です。米を原料とした酒はアジア地域を中心に見られるものの、蒸留酒が多く日本酒のような醸造酒はそれほど多くありません。また、冷から熱燗まで様々な温度域で楽しめるのも特徴の一つであり、世界各地を見てもこのような幅広い楽しみ方ができる酒はありません。さて、そんな日本酒は製造元となる蔵の特徴が色濃く反映される酒でもあります。味を決定する要素は当然原料となる米に大きく依存しますが、どのような酵母を使用しどのような工夫を加えて醸造するかによっても味は大きく変化するのです。このため、同じ種類の米を原料としていても蔵により、ふくよかな味わいに仕上がったり、辛口に仕上がったりと変化が生じるのです。こうした違いこそが、魅力でありいろいろな種類を飲めば飲むほどその深みにはまっていく方も少なくありません。このため、愛好家向けに蔵見学のツアーが開催されることも多くなっていますが、大盛況となることがほとんどです。

日本酒の味わいは蔵によっておおきく異なる

米を原料とする日本酒は、焼酎と並ぶに日本の国酒であり、日本国内の消費はもとより、昨今では海外においてもその消費が高まっているところです。その生産は一部の大手酒造メーカーを除けば少量生産を行う醸造者である、いわゆる蔵で行われており、多くが個性豊かな味わいとなっています。日本酒の味わいを大きく左右するのは、まずもって原料となる米ですが、そのほかにも製造元である蔵の醸造技術が大きく影響します。たとえ同じ米を原料としていても、その味わいは全く異なるものが多いのです。このため日本酒の複雑な味わいに取り憑かれた愛好家の皆さんは、時には旅行会社などが企画する蔵巡りツアーなどに参加し、知見を深めているほどなのです。なお、これまで少量生産されたものは手に入りにくい傾向にありましたが、インターネット通販の普及により、自宅に居ながらにして全国各地で醸造されたものを取り寄せて味わうことも可能となってきました。このような手段を通じて、自分好みの一本を探すのも楽しみの一つと言えます。

『日本酒 蔵』 最新ツイート

@aozorade5

磔磔! 大正時代に建てられた建物をそのまま使っていて、今年で築102年目! 元々は日本酒の仕入れ蔵として使われてて、長い間日本酒を販売されてたけど、酒蔵を閉める事になった時に初代店長が建物を借りたいと当時の大家さんにお願いして『磔… https://t.co/1rXq4lSkcV

13分前 - 2019年11月18日


@Sakebarsasebo

日本酒業界の謎! 鑑評会について大賞受賞蔵にインタビュー! 売行?地域?賞の酒類?色々聞いてみて納得!! こんな質問を酒蔵の方にぶつけてみます。 ・鑑評会とはどんなものなのか、 ・一年に何回? ・賞は何種類あるのか? ・その後の… https://t.co/Km6EVXQbD4

1時間前 - 2019年11月18日


@natsukipim

@MichioOnai 日本酒の長い歴史の中で、国策としての日本酒の品質の安定化と大量製造できるための酵母や乳酸&酵素剤添加の流れがある。日本が誇る日本酒製造の技術革新を理解した中で、いまの時代に求めれている日本酒と、各蔵の製造への向き合い方の表現が試されているよね。

2時間前 - 2019年11月18日


最終更新日:2016/4/28


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 にほん酒 ALL RIGHT RESERVED