にほん酒!

にほん酒

日本酒の個性は蔵ごとに大きく異なる

焼酎と並び日本の国酒として広く認知されているのが日本酒です。米を原料とした酒はアジア地域を中心に見られるものの、蒸留酒が多く日本酒のような醸造酒はそれほど多くありません。また、冷から熱燗まで様々な温度域で楽しめるのも特徴の一つであり、世界各地を見てもこのような幅広い楽しみ方ができる酒はありません。さて、そんな日本酒は製造元となる蔵の特徴が色濃く反映される酒でもあります。味を決定する要素は当然原料となる米に大きく依存しますが、どのような酵母を使用しどのような工夫を加えて醸造するかによっても味は大きく変化するのです。このため、同じ種類の米を原料としていても蔵により、ふくよかな味わいに仕上がったり、辛口に仕上がったりと変化が生じるのです。こうした違いこそが、魅力でありいろいろな種類を飲めば飲むほどその深みにはまっていく方も少なくありません。このため、愛好家向けに蔵見学のツアーが開催されることも多くなっていますが、大盛況となることがほとんどです。

日本酒の味わいは蔵によっておおきく異なる

米を原料とする日本酒は、焼酎と並ぶに日本の国酒であり、日本国内の消費はもとより、昨今では海外においてもその消費が高まっているところです。その生産は一部の大手酒造メーカーを除けば少量生産を行う醸造者である、いわゆる蔵で行われており、多くが個性豊かな味わいとなっています。日本酒の味わいを大きく左右するのは、まずもって原料となる米ですが、そのほかにも製造元である蔵の醸造技術が大きく影響します。たとえ同じ米を原料としていても、その味わいは全く異なるものが多いのです。このため日本酒の複雑な味わいに取り憑かれた愛好家の皆さんは、時には旅行会社などが企画する蔵巡りツアーなどに参加し、知見を深めているほどなのです。なお、これまで少量生産されたものは手に入りにくい傾向にありましたが、インターネット通販の普及により、自宅に居ながらにして全国各地で醸造されたものを取り寄せて味わうことも可能となってきました。このような手段を通じて、自分好みの一本を探すのも楽しみの一つと言えます。

『日本酒 蔵』 最新ツイート

@yoppi_cheese

I'm at 日本酒バー 蔵辺 in 熊本市中央区, 熊本県 https://t.co/rNNfciMjHo

1時間前 - 2019年12月07日


@ujiieaimee

大正の雰囲気残る七日町の庄助蔵では、BARオクターブの皆方さんにウェルカムドリンクとして日本酒カクテルを出張提供頂きました💕 そしてそれぞれ形の違う酒器ごとの日本酒飲み比べ🥂この日の為に特別に仕入れてくださった会津の日本酒たち‼️… https://t.co/7OZEeu9rzV

1時間前 - 2019年12月07日


@junka_wiz

渚はバリカタのあられで濃くていい感じに旨みのあるしょっぱいやつ、歯ごたえあるの大好きマンなのでバリバリ食べちゃう、日本酒持ってこい!! しゃり蔵はなー気がついたらなくなってる、これもいい感じ歯ごたえあってつぶのザクザク感が好き、味はお出汁がきいた控えめな塩味、これも日本酒!!!

4時間前 - 2019年12月07日


最終更新日:2016/4/28


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 にほん酒 ALL RIGHT RESERVED