にほん酒!

にほん酒

知って得する日本酒の製造

日本酒は昔からある、日本固有の伝統的なお酒です。日本酒といっても言っても、種類によって製造の仕方も変わります。一般に多く流通しているのは「普通酒」と呼ばれるものです。これは、米・米こうじ・水・酒粕や醸造アルコールなどを混ぜて製造されます。米は「酒米」といって、一般に皆さんが食べられているお米とは少し違ったお米が使われています。食べられないことはありませんが、酒を作るための米なので、あまり美味しくはありません。さて、具体的な製造方法ですが、まず米の検査で3等以上と認められた玄米を精米する所から始まります。この時の米を磨く割合によって、「吟醸」や「大吟醸」という区別がなされ、「大吟醸」のほうが米を多く磨くのでそれだけ手間がかかることから、味もさることながら値段も割高となります。あとは、洗米、浸漬、蒸米、放冷、製麹、酒母仕込み、醪仕込み、発酵、上槽という段階を得て、やっと日本酒が出来上がるのです。

日本酒製造は時間をかけた精米からスタート

日本酒は米を発酵させて造るお酒です。収穫された直後の稲はもみ殻のついた玄米の状態にありますので、そのままではお酒にならないので、発酵をすすめるために準備をしていくことになります。製造工程の最初に行うことが精米です。普段食事で使っているお米は玄米を大体1割程度削ったものになります。つまり精米歩合は90パーセントになりますが、酒造りに使うお米はさらに磨かれて一般的には70パーセント以下になっているのです。このようにお米を磨く意味合いは米の表層部にあるタンパク質や脂肪が原因で、食用としてはそれらがうま味を形成するものとして評価されますが、酒造りにおいては味が出すぎてしつこい酒になりやすいという傾向にあります。磨けば磨くほど、雑味を生む要素はとりのぞかれていきますので、軽快で綺麗な酒の仕上がっていくのです。精米には醸造用の大型の精米機が使われますが、70パーセントまで磨くのに半日から1日くらい、50パーセントから35パーセントの大吟醸酒となると3日から4日要することになります。

『日本酒 製造』 最新ツイート

@kokindenjyu

朝鮮人愚連隊は、強盗、放火、土地の不法占拠、強姦、あらゆる違法行為に手を染めた。 とりわけヒロポン、密造酒製造販売は朝鮮人の重要な家内産業だった。 メチル酒による失明事故が多発したのはこの頃だ。 『日本被害史』

2時間前 - 2019年10月17日


@shibainubooks

もりもとさん。わたしが長々と大学にいる代わりに爆速で駆け抜けた印象がある。かつては牛丼製造機であり、オイルの代わりに日本酒を流し込んで稼働していた。現在ではワイン販売機になっているらしく、オイルの内容も変わったかもしれない。コミュ力おばけ。

9時間前 - 2019年10月17日


@rycha_n

私は、酒蔵が好きなんだけど、日本酒より、酒粕が好きなので、最初の仕込みのご飯並べてるところを 「酒粕の赤ちゃん」と呼ぶし、日本酒の製造工程を酒粕寄りに見てる。最後の絞られるとこなんて、まるっきり酒粕完成じゃん!!とか。

12時間前 - 2019年10月17日


Valuable information

Last update:2016/4/28


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 にほん酒 ALL RIGHT RESERVED